イーサネットに有効なIP構成がありません:どうすればよいですか?


世界中のすべてのコンピューターが IPアドレス (インターネットプロトコル)インターネットに接続します。 これは、ネットワーク内のデバイスを識別するために使用されるアドレスです。 特に、他のデバイスまたはインターネットとの通信を確立するために使用されます。 メッセージが表示されたとき 「イーサネットに有効なIP構成がありません」 これは、このプロセスで何かが失敗していることを意味します。

問題の根本は、イーサネット接続がDHCP(動的ホスト構成プロトコル)から有効なIPアドレスを受信して​​いないことです。 これは ネットワークプロトコル これにより、サーバーは特定のネットワークのコンピューターにIPアドレスを自動的に割り当てることができます。 このプロトコルが失敗すると、有効なIPアドレスをコンピューターに割り当てることができなくなります。 この結果: デバイスはネットワークまたはインターネットに接続できません。

ラス 原因 このエラーの原因は複数あり、さまざまです。 たとえば、ネットワークアダプタドライバの障害やネットワーク設定の誤りなど、さまざまな理由が考えられます。 この投稿では、考えられる原因と方法を分析します。 エラーを修正する 「イーサネットには有効なIP構成がありません」と、多くの頭痛の種を引き起こす可能性があります。

解決策1:ハードリセット

試す最初の解決策:コンピューターとルーターを再起動する

これは 最初の解決策 私たち全員が試してみるべきだと。 デバイスを再起動すると、デバイスの動作上の問題が解消されるのは当然のことです。 いずれにせよ、そうする前に、何も失わないように、行われたすべての作業を保存しておくと便利です。 その後、コンピュータの電源を切ります。

これは私たちがすべきことです:

コンピューターを再起動します

  1. メニューを開きます はじめに タスクバーのWindowsアイコンをクリックします。
  2. 次に、アイコン上 点火、オプションをクリックします 再起動。 これを行うことにより、コンピューターは自動的にオフになり、数秒後に何もしなくても再びオンになります。
  3. 最後に、 ユーザーアカウントにログインします そして、Windows10がバックアップをアップロードすることを許可します。

ルーターまたはモデムの再起動

  1. ルーターまたはモデムデバイスのプラグを抜きました そして私たちは待つ 2〜5分。 これは、適切な再起動を確実にするために推奨される最小時間です。
  2. この時間の後 再接続して開始するのを待ちます。 デバイスのLEDライトは、起動プロセスが完了したことを示します。

「イーサネットに有効なIP構成がありません」というメッセージが表示されなくなった場合は、問題を修正しました。 代わりにそれが続く場合は、別の接続ケーブルを使用して操作を繰り返す必要がある場合があります。

解決策2:高速起動オプションを無効にする

クイックスタート

Windows10で高速起動オプションを無効にする

これは、コンピュータの「イーサネットに有効なIP構成がありません」という問題を解決するもうXNUMXつの方法です。 のオプション クイックスタート ほとんどのWindows10コンピューターにデフォルトで付属しています。 休止状態またはシャットダウン後のより高速な回復。 しかし、それが私たちに問題を与えるならば、それは抑制されることができます。 それがどのように行われるか見てみましょう:

  1. まず、 検索バー 右下に書いて "コントロールパネル"。 Windows + Sキーを押して、キーボードショートカットで検索機能を開くこともできます。
  2. コントロールパネルの要素が小さなアイコンで表示されるように表示モードを構成します。 次に、をクリックします 「エネルギーオプション」。
  3. 左側の列で、リンクをクリックします«オンボタンとオフボタンの動作を選択します»。
  4. そこで、オプションをクリックします 「現在利用できない設定を変更してください。」 この時点で、システムが管理者パスワードの入力を強制する可能性があります。
  5. 終わる、 [ファストスタートオプションを有効にする(推奨)]チェックボックスをオフにします [シャットダウン設定]メニューで。 上の写真に示すように。 このようにして、挫折を引き起こしている可能性のある機能を無効にします。 終了する前に、変更を保存する必要があります。

これがすべて完了したら、コンピュータを再起動して、問題が解決したことを確認するだけです。

解決策3:ネットワークアダプターの設定

ネットワークアダプタの設定

静的IPアドレスを割り当てて、「イーサネットに有効なIP構成エラーがありません」という問題を解決します。

上記のXNUMXつの方法が機能しない場合は、これを試してみましょう。 通常、 ルーター デフォルトでは、接続されている各デバイスにIPアドレスが自動的に指定されます。 ただし、次のように構成することもできます。 静的IPアドレスのみを割り当てる。 そして、それはいわゆる「イーサネットに有効なIP構成エラーがありません」という問題で終わることがあります。

試してみたい場合は、次の手順に従ってください。

  1. まず、キーの組み合わせを押します Windowsの+ R 実行機能を開きます。 ボックスにコマンドを記述します 「Ncpa.cpl」 そして私たちは受け入れます。 これでウィンドウを開きます 「ネットワーク接続」。
  2. 右クリックします 「イーサネットアダプタの構成」 オプションを選択します "プロパティ".
  3. ダイアログで 「イーサネットのプロパティ」、 我々が求めて 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)」 それをダブルクリックします。
  4. 下に開くボックスで、 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)のプロパティ」、次のオプションを有効にする必要があります。
    • IPアドレスを自動的に取得します。
    • DNSサーバーアドレスを自動的に取得します。

理論的には、これで問題を解決できます。 それでも失敗する場合は、プロセスの最後の部分を変更する必要があります。 IPアドレスとDNSの手動構成。

実際には、上記の手順を再度実行する必要がありますが、最後の手順である[インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)のプロパティ]ボックスで、次のオプションを選択して編集します。

最初に次のIPアドレスを使用し、詳細にこれらの番号を入力します。

    • IPアドレス:192.168.1.15
    • サブネットマスク:255.255.255.0
    • デフォルトゲートウェイ192.168.1.1

この後、次のDNSサーバーアドレスを使用し、これらの番号( GoogleDNS設定):

  • 優先DNSサーバー:8.8.8.8
  • 代替DNSサーバー:8.8.4.4

解決策4:TCP / IPを再起動します

TCP / IPリセット

TCP / IPリセット

この方法の鍵は、 netshコマンド、これにより、コンピューターのネットワーク構成を表示および変更できます。 それはそれがどのように機能するかです:

    1. よく知られているキーの組み合わせを使用することから始めます Windowsの+ S 検索バーを開きます。
    2. 次に、右クリックします 「管理者として実行する」 コマンドプロンプトを開くには(昇格したコマンドプロンプト)。 確認します "受け入れるために"。 この時点で、 ユーザーアカウント制御。 その場合は、[はい]をクリックするだけで、アプリケーションがデバイスに変更を加えることができます。
    3. すでにコマンドプロンプト内に、次のように記述します コマンド文字列、それぞれの後にEnterキーを押して、実行します。
      • netsh Winsock
      • netsh intIPリセットをリセットします
    4. 最初のコマンドを実行すると、コンピューターを再起動するように求めるメッセージが表示されます。 あなたはそれを無視しなければなりません。
    5. はい、両方のコマンドが正常に実行されたら、次の手順を実行します。 コンピュータを再起動します 問題が最終的に解決され、「イーサネットに有効なIP構成がありません」というメッセージが表示されなくなったことを確認します。

解決策5:ネットワークキャッシュをクリアする

IPCONFIG

ネットワークキャッシュをクリアして、「イーサネットに有効なIP構成がありません」という問題を解決します

そして最後に、コンピュータ上のイーサネットの無効なIP構成をすべて一度に解決しようとするもうXNUMXつの方法。 ネットワークキャッシュをクリアするのと同じくらい簡単なこと。 これを達成するには、を使用する必要があります ipconfigコマンド の黒い窓に プロンプト 指図。

このコマンドには、インストールされているIPの現在の構成を表示する機能があります。 これを使用すると、DNSクライアントリゾルバーキャッシュの内容をリセットし、DHCP構成を更新できます。 プロセスを完了するために従う手順は次のとおりです。

  1. 私たちは、書き込み 「システムのシンボル」 画面左下の検索バーにあります。 キーを介して別のパスを使用することもできます Windowsの+ S 検索バーを開きます。
  2. 次に、をクリックします 「管理者として実行する」 管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。 続行するための許可を求められます。許可はクリックして付与します。 "受け入れるために"。
  3. 次に、黒いウィンドウで管理者特権のコマンドプロンプトに、次のコマンドを入力します。
    • ipconfig /リリース
    • ipconfig/flushdns
    • そして最後に ipconfig / renew
  4. 各コマンドの後で、Enterキーを押して各コマンドを実行する必要があります。 XNUMXつのコマンドを完了した後、あとはコンピュータを再起動してエラーが解決されたことを確認するだけです。

これまでのソリューションのリスト。 それらのいくつかがあなたが満足のいく方法で問題を解決するのを助けてくれたことを願っています。 いずれにせよ、これらのトリックのいずれも最適な解決策ではなかった場合は、インターネットサービスプロバイダーに質問を伝えるのが最善です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:Actualidadブログ
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。